スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンマンの準備しています。

2009年06月29日 03:52

リズム譜面
ワンマンに向けて、サポートメンバー用の
リズム譜というものを書き続けています。

たくさんの楽曲を監督するときには
この設計図が非常に重要です。

といっても、こういったモノを書くようになったのも
結構最近で、自分が独学で音楽を覚えたことを
棚に上げたような態度で、長い間こういう学習を
怠っていました。

かつて、武部聡志さん、鳥山雄司さんという名演奏家と
演奏したときも、エクセルを駆使した変な譜面を渡していたな。
いま思うと、気恥ずかしい限りです。

しかし、10曲~単位で書いていると、終わらないったらない。
夏休みの宿題のようだ。

だけど、自分の楽曲が書面で整理されていくのは
結構、気持ちがよいものでもある。


先日、canaちゃん主催のイベント
キャンドルナイトで頂いたキャンドルをここぞとばかりに点けて
しばし、炎をぼーっと見ながら
まだまだ夜なべです。
スポンサーサイト

mint julep with T

2009年06月27日 02:30

0626mint-mid.jpg

昨晩は僕のmasterpeaceで日頃、
ギターやコーラスで参加してくれる奥野裕介くんの
メイン・ユニットmint julepの5thアニヴァーサリーライブへ
ゲスト出演してきました。

代々木bogalooには100人を超すお客さんが
集まっていました。

ツチダは「雨のワルツ」「キッチン」の2曲に
いろいろな楽器で参加。

mint julepは3人の演奏の連帯感が強力です。
うまく溶け込めていたでしょうか?
演奏している当人は楽しく演っていましたけど。


僕は10代の頃から自分の音楽を作るときは
ひとりでやることになりそうだ...と予感して
以来、現在に至っています。

ライブ・リハではサポートメンバー達と音を作ったり
アレンジをいっしょに温める作業はありますが
バンドのそれは、全然違います。

彼らのリハやステージに参加し、その空気の中に入ると
個々の人生をmint julepへ完全に持ち寄って音を作っているんだなって。

かつて奥野くんが
ストーンズは決して巧くはないが、あの4人にしかだせない
圧倒的にカッコよさがある。mint julepにはその感覚があるんです。
と、言っていました。
なるほど。

また、昨晩のLIVEはファンの方の空気感も良かった。
mint julepの音楽を愛する空気感がめいいっぱい伝わりました。
「今日はミントの音楽を足のつま先まで楽しむんだ、わるいか?」
くらいの愛情を。


さてさて
ボクの7/29(水)ワンマンの準備も取りかかっています。
おかげさまで既に予約をたくさんいただいております。
定員になると、当日は入れませんので、お考えの方は
お早めにご連絡ください。

729live@gmail.comへお名前と人数をお知らせください。

昨晩のLIVE

2009年06月20日 10:18

ヴェルサン

昨日は遅めに時間に関わらず
荻窪までお越しいただき、ありがとうございました。

1. eversky on my mind
2. エミリーにくちづけを
3. ココロのハネ
4. DAYS
5. faraway music
6. weather station (with cello)
7. spiraldays (with cello)
8. Rising in the blue

途中、今夜は歌詞がよく届くなぁ...と感じ
faraway musicを中に取り入れました。

DAYSの演奏は間奏はアドリブでした。
弾き語りならではのアレンジです。
4~5回に1回は、このような弾き語りも
ありだと思います。

そして、チェロの大沼深雪嬢に入ってもらった2曲。
特にspiraldaysは、曲の持つ心に抱えるゆううつの深みのようなものが
チェロによってより表現されたのではないかと思いました。

深雪ちゃんは大切な友人でもあるので
どちらかが倒れない限り、また共演してもらうと思います。

終演後はVelvet Sunの店長さんや
共演の金杉兄弟&寺村くんとも音楽談義で盛り上り
Velvet Sunさまさまないいよるでした。

6/19LIVEはピアノとチェロでいく

2009年06月19日 00:32

チェロ
明日はピアノ弾き語りLIVE。
荻窪Velvet Sun 21:00~です。

先週、友人のチェロ奏者・大沼深雪ちゃんが
宮田まゆみさんのLIVEに出演するのを聴きに
吉祥寺へ行ってきた。

宮田まゆみさんの楽曲、うた、演奏がすごく素敵で
いいLIVEだったのも手伝い(東京タワー、名曲!)
「深雪ちゃん、今度のmasterpeaceでチェロ弾いてよ」と
言ったら、ふたつ返事で「いいよ~」とのお言葉。

素敵な友人を持ったものでゴザイマス。

それから夜な夜な、チェロのスコアを書いていました。
チェロ
お互いのスケジュールを調整しつつ
本日、高円寺にて唯一のリハを敢行!

明日、ひと晩ではもったいないんじゃないかな。
そう思えるほど、リハーサル中歌うのをつい
止めちゃいそうになるくらい、ときにチェロの旋律を聴いてしまう。

masterpeaceの曲はチェロがとても似合うようです。
というか、合うよう仕上げました。
ゲストとしてチェロが2曲参加してくれます。
是非、遊びに来てください。

かつて来た道を

2009年06月11日 20:39

20090611204435
作・編曲の仕事で文字通りカンヅメ状態になっていた数週間。

その半分の作業を見届ける為、都内スタジオへ。


夕刻、スタジオをでると6月にしては
とても稀な、澄んだいい空が広がっていた。

最近は夜明けまで作業をしていたので、晴れた夜明け。
濃いのにやたら透明感がある空を眺めることが多かった。

今日の夕空は、そんな夜明け前の空にとても似ている。
1日の始まりと終わりの色は、ときに近似するのだ。


スタジオから少し歩いて芝公園まで。

かつて会社員として、毎日通勤していた辺りだ。
この辺り、特に丸山古墳や愛宕山の緑が濃いのをよく知っている。

ここ最近、降り続けていた雨が空へ昇っていく。
土と水と森が交じった匂いがする。

そこに東京タワーがほんのりとオレンジ色に帯びて来て、
しまいには、どこの建物の窓にもタワーが映るようになる。


さてさて、
ブログでは改めて公表しますが
7/29(水)にmasterpeace史上
最大のものになると思われるワンマンLIVEを開催します。
パソコンから見られるHPでは詳細をだしています。

7/19(金)にも、ピアノ弾き語りでLIVEがあります。


だけど、今日は今日までのことなどを。

かつてスーツを着ていた日々。
いつも追われるように、時間を食い潰していたように
生きていた自分がいたと思う。

いまの自分が当時の自分と会うことができたら
ずいぶん励みになったんじゃないかな。

もっといい曲が書けるし、いい出会いがたくさんあるし、
傍にいる友達のことだって、もっと好きになっているんだぞ。
と、言ってやりたいものだ。


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。