スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結婚式~message 試聴

2010年08月31日 01:47

週末は
友人夫婦の結婚式でした。

かつてmasterpeaceの盟友と呼べた
SOLというグループのリーダー。
たくまくん。

今春、スペインのモンテフリオという
非常に美しい街で挙式を行い
この夏、東京の代官山で披露宴を開きました。

ボクにとっては、新郎&新婦どちらも
大親友と呼べる仲なので、
出来る限りお手伝いをしたわけですが、

彼らは、披露宴のスライド映像で
masterpeaceの“message”という
楽曲を使用してくれました。


この“message”は
言葉のよさも含めて
当初はキャロル・キングの
“You've got a frined”のような
空気感を目指しました。

そこで、ボクは
子供から親へ向けての
「永遠の感謝の気持ち」を
取り入れてみました。

普遍的な歌詞の世界観は
なかなか成功しているのでは
ないかと思っています。

音楽的にもイントロのフレーズが
とても切なくて、気に入っているのですが

披露宴でもイントロで
周辺の友人が「これ、いいねぇ」
と感嘆してくました。
(ちゃんと歌聴けよー、で対応)

実はこの楽曲は
昨年末、友人の結婚式で
ピアノ演奏したことがあったのですが

なんだか、歌うのが
非常にムズカしく

ボクのボーカル(というより、男性ボーカル)は、
微妙かなぁと、思い悩ませ
眠らせておいたものでした。

今回、式で使うとなり再録音し、
その思いは、まだ若干あるのですが
せっかくのよい機会なので
myspaceにフルボリュームで
アップ
しました。


聴いていただき
親への気持ちを言い当てているなぁ、なんて
感じてくれたら、とても幸いです。

もうひとつ、お祝いのハイライトとして
SOL(withツチダ)を再結成させました。


sol0829

3~4年ぶりに音を出しても
楽しいノリはまるで変わらず。

大好きな人たちです。
スポンサーサイト

新説・セミの一生

2010年08月24日 17:20

成虫になって
一週間ほどで生命を終える
セミに関して。

せみ


幼虫から比較した
生存期間に対し
昔から人間は
“はかない...”と、
憂いています。


ボクはそれは、
人間のタイム感こそが
正しい...という
前提で語られていて、
一方的で好きじゃない
考え方だなと
思っていました。


先日。

突然、目の前の木で
みんみんゼミが
鳴き始める。


鳴き声を聴いていて
ふと、
思ったのだ。


みんみんゼミの鳴き声は、
楽器で使われる
フェイザーや
フランジャーという

空間系と呼ばれる
エフェクターを
使用したサウンドと
非常に似ています。
(というか、まさにそれ)


この空間系と呼ばれる効果。


太古では神様との
仲介役であるシャーマンや、
お経、宗教音楽、
ほとんどの民族楽器で
意図的に作り出される
効果でもあり、

人類が
大昔から開発していた
音響科学です。


それはときに
覚醒を促したりもします。


そこで、セミの一生
成虫期に関して。

学術的には
お腹の中の空洞を利用し
オスが女史を呼び出す
手段として鳴く、
とのことだが、


それ以前に
自身の身体から、
覚醒音を鳴らす
という行為。


ときに、鳴いているとき
セミの魂は
実はものすごい
深いところへ
行っているのではないか。
空間をねじ曲げ
人類が
ずっと求めている
宇宙観の果て
のような場所へ。

set me free!って。
(セミフリー!)

もとい、

例えば、最近は
夜中もセミは
鳴いているけど

あれは
崩れかけている
世界の均衡を
整えようとしている
のではないだろか?


原作版「風の谷のナウシカ」で
オームがしてくれている
ようなことです。



まぁ、少なくても
あの鳴き声は、
当人(当蝉?)の時間軸に
影響しているのは
間違えねぇんじゃないかなと
思うんですね。

(↑最後は吉本隆明ぽく)

2010.8.26@渋谷7thFLOOR hiroco:modeレコ発イベント

2010年08月23日 17:39

The ROCOSのサポートメンバーとして
出演します。

ボーカルの寛子ちゃんのソロ
hiroco:modeのレコ発ライブです。



2010.8.26(木)@渋谷7thFLOOR
hiroco:modeレコ発イベント
『おにわであそぼ』
open 18:30 / start 19:00
前売 2500 / 当日 3000(共に+1drink)

[出演] hiroco:mode / タイラトシキ / the ROCOS
[ゲスト] ハヤシヨシノリ(Voice Percussion from SMELLMAN)
鈴木圭一(Vocal from SOONERS)
[出店] TAPu(ベビーシューズ作家)
[イラスト展示] showpeony

前売りチケットのご予約はthe ROCOSホームページ
「contact」からどうぞ。

8/17(火)aeronauts サポート

2010年08月14日 22:33

08/17(火)に
下北沢BAR? CCOaeronautsという
グループ主催の80'sカヴァーライヴに
鍵盤でサポートすることになりました。

queenやバングルスなど、
往年の名曲を演るのですが
意外(?)にも80'sを
今まであまりちゃんと聴いていませんでした。


80'sのヒット曲、
楽曲はとても巧みに構成されているんだなと
さらってみて納得。

だけど、a-haの「take on me」とか
やっぱり、ちょっと笑っちゃう感じがあって
面白いなと思います。


The ROCOSで仲良くしている
ドラムのガッツ氏からのお誘いでして
ちょっと、男気かましてこようと思います。


興味があるかた、是非
遊びに来てくださいYO!

「松山弦大リサイタル 激カバーナイト」
歌:松山弦大(aeronauts)
Gt 森川トモヲ(aeronauts)
Dr 増田ガッツ修(ベンベナッツ)
Ba 渡邊オーサム (totos)
Key 土田眞次(masterpeace)


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。