スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新説・セミの一生

2010年08月24日 17:20

成虫になって
一週間ほどで生命を終える
セミに関して。

せみ


幼虫から比較した
生存期間に対し
昔から人間は
“はかない...”と、
憂いています。


ボクはそれは、
人間のタイム感こそが
正しい...という
前提で語られていて、
一方的で好きじゃない
考え方だなと
思っていました。


先日。

突然、目の前の木で
みんみんゼミが
鳴き始める。


鳴き声を聴いていて
ふと、
思ったのだ。


みんみんゼミの鳴き声は、
楽器で使われる
フェイザーや
フランジャーという

空間系と呼ばれる
エフェクターを
使用したサウンドと
非常に似ています。
(というか、まさにそれ)


この空間系と呼ばれる効果。


太古では神様との
仲介役であるシャーマンや、
お経、宗教音楽、
ほとんどの民族楽器で
意図的に作り出される
効果でもあり、

人類が
大昔から開発していた
音響科学です。


それはときに
覚醒を促したりもします。


そこで、セミの一生
成虫期に関して。

学術的には
お腹の中の空洞を利用し
オスが女史を呼び出す
手段として鳴く、
とのことだが、


それ以前に
自身の身体から、
覚醒音を鳴らす
という行為。


ときに、鳴いているとき
セミの魂は
実はものすごい
深いところへ
行っているのではないか。
空間をねじ曲げ
人類が
ずっと求めている
宇宙観の果て
のような場所へ。

set me free!って。
(セミフリー!)

もとい、

例えば、最近は
夜中もセミは
鳴いているけど

あれは
崩れかけている
世界の均衡を
整えようとしている
のではないだろか?


原作版「風の谷のナウシカ」で
オームがしてくれている
ようなことです。



まぁ、少なくても
あの鳴き声は、
当人(当蝉?)の時間軸に
影響しているのは
間違えねぇんじゃないかなと
思うんですね。

(↑最後は吉本隆明ぽく)


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。