スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かつて来た道を

2009年06月11日 20:39

20090611204435
作・編曲の仕事で文字通りカンヅメ状態になっていた数週間。

その半分の作業を見届ける為、都内スタジオへ。


夕刻、スタジオをでると6月にしては
とても稀な、澄んだいい空が広がっていた。

最近は夜明けまで作業をしていたので、晴れた夜明け。
濃いのにやたら透明感がある空を眺めることが多かった。

今日の夕空は、そんな夜明け前の空にとても似ている。
1日の始まりと終わりの色は、ときに近似するのだ。


スタジオから少し歩いて芝公園まで。

かつて会社員として、毎日通勤していた辺りだ。
この辺り、特に丸山古墳や愛宕山の緑が濃いのをよく知っている。

ここ最近、降り続けていた雨が空へ昇っていく。
土と水と森が交じった匂いがする。

そこに東京タワーがほんのりとオレンジ色に帯びて来て、
しまいには、どこの建物の窓にもタワーが映るようになる。


さてさて、
ブログでは改めて公表しますが
7/29(水)にmasterpeace史上
最大のものになると思われるワンマンLIVEを開催します。
パソコンから見られるHPでは詳細をだしています。

7/19(金)にも、ピアノ弾き語りでLIVEがあります。


だけど、今日は今日までのことなどを。

かつてスーツを着ていた日々。
いつも追われるように、時間を食い潰していたように
生きていた自分がいたと思う。

いまの自分が当時の自分と会うことができたら
ずいぶん励みになったんじゃないかな。

もっといい曲が書けるし、いい出会いがたくさんあるし、
傍にいる友達のことだって、もっと好きになっているんだぞ。
と、言ってやりたいものだ。


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。