スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来日 aimee mannを観る。

2009年08月26日 05:03

aimee

8/25(火)aimee mannの
渋谷AXでのLIVEを観に行く。

映画「I am sam」で象徴的に
the beatlesの“two of us”を歌っている女史。

映画「マグノリア」は、
彼女の音楽のための映画といっていいと思う。

前日まで、スケジュール的に行けるか?
微妙だったのだが、サポートギター・奥野くんのとこの
mint julepのボーカル・慧ちゃんから
キャンセルチケットがあるからどう?との連絡を受け
「これは行ってこいという、思し召しだろう」(←誰から?)
ということだと。

というわけで、初めての渋谷AXへ。

ステージには、ピアノを含めたキーボードブースが4カ所ある。
ドラムスはハイハットとフロアタムとシンバルくらいという、
妙な編成のステージセット。

意外にも小走りで登場するaimee mannは
(出はけは終始小走り、どうも~って感じ)
手足が長い、長身のガイジンお姉さん。
(顔は小顔のカイヤ)

サポートの男子2人とともに登場し、
段々メンバー増えるのかと思えば
アンコールまでこの3人で演奏する。

しかしボク達観客も、3~4曲目くらいで
この3人でいいんだとわかる。
このサポートのマルチプレイヤーっぷりが
もう、素晴らしかったから。

エイミーマン自身もアコギはもちろん
ベースやハイハットも足で鳴らしていた。
「キレイな大道芸人お姉さんは好きですか?」
って感じ(←って感じ、ではない)

同席の慧ちゃんもmint julepでは
フロントマンとしてとてもストイックな娘なので、
素晴らしいプレイや、互いに好きな楽曲のとき
「今のなんだ!いいなぁ!」とか
「ピアノの音、弾きにくそうだねぇ」
とかで盛り上がっていく。

終演後はカフェごはんを食べながら
今回のaimee mannのステージが与えた
自身の音楽の影響を話し合う。

aimee mann
気になるかたは是非聴いてみて。
「Bachelor No. 2」というアルバムがお薦めです。


【 masterpeace 次回LIVE 情報 】
8/27(木)荻窪 Velvet Sun
~velvet sun 7th Anniversary~
Time 19:30~
Charge 2,000円
“予約不要”



最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。