スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ティンバライズ建築展

2010年05月29日 11:23

東京・青山のスパイラルホールで
開催されている
ティンバライズ建築展
行ってくる。

ティンバラ

日本は、戦後の建築法や
耐震性、耐火性などの問題で
木造の大きな建築物を
作れない、作らない...に
なっていたらしいが、

2000年に建築基準法が改正されたことや、
現代技術の進歩により、
木造ビルを造ることが可能になったとのこと。

これは、日本国としては
江戸時代まで造られていたお城以降、
ほぼ、止めてしまったことらしく
(明治、大正も多少はあったよう)

つまらない画になっている
現代日本の街並などを
今後、本気で変えて行きたいと
東大のチームがメインとなって
提唱した展覧会のようです。


また、
木はCO2を吸収する能力があるから
建物を木材にするのはエコにも影響があるよ...
といったことなども聞けます。

それにしても
圧縮材や耐震、耐火に関する
開発の現在には
感心した次第です。

圧縮材のオブジェ
圧縮材


もうひとつ
表参道を緑化しようという
モデルのジオラマ展示が半分。

手前がR249。奥が明治神宮。
表参道

このユメの表参道にこんなものや
オブジェ1

こんなもの。
オブジェ2

↑これ。

みんなパラパラ落ちちゃうよねー、
マリオじゃないからねー、と
つっこみを入れつつ

ボクが好きなイバラードの世界のようだったので
楽しませていただきました。

この展覧会は5月いっぱい。
興味があるひとは是非。


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。